デジタルケニーのパソコン教室
ちょっとお得で、ためになるpc&ネット情報!
ホーム

ADSLからADSLへの乗り換え

So-net光コラボ 24,000円キャッシュバック

おそらくauひかり対応プロバイダで最も高額なキャッシュバック

プロバイダ、回線乗り換えナビ へ戻る

ここではあくまで、NTTの電話を利用している場合について説明します。
ちなみにここで言うNTTの電話とは回線事業者とはまた別物です。あくまでNTTの電話回線を利用している場合です。

・ADSLの回線工事(NTTフレッツADSL以外を利用している場合)

ADSLの工事ですが、NTT局者内での工事が必要になります。
ADSLで回線事業者を乗り換える際、タイムラグ(インターネットが利用できない期間)を発生させないためには今まで利用していた事業者の回線解除日を知る必要があります。

たとえば今までOCN + Accaを利用しており、このたびBiglobe + e-Accessに切り替えることになったとします。
回線事業者はAccaからe-Accessへの切り替えとなります。
一つの電話回線にADSLの回線は一つしかつなげることが出来ません。つまり、古い回線を外した後でないと新しい回線を接続することが出来ないのです。

そのため、Accaの回線解除日をプロバイダであるOCNに聞く必要があります。ここでの注意が回線解除日と解約日は別物です。
回線解除日は回線が実際に外される日、解約日はあくまで契約が切れる日です。
(ちなみに工事がNTT局者内で行われるからと言って、NTTが回線解除日を教えてくれるわけではありません。あくまでもともと利用していた回線事業者またはプロバイダに聞く必要があります。)

このOCNで聞いたAccaの回線解除日をBiglobeにきちんと伝えてあげれば、e-Accessの回線工事がAccaの回線解除日とほぼ同日に行うことが出来ます。

今回の例では、正確な説明のためe-AccessやAccaなどの回線事業者を出しましたが、難しく考える必要はありません。 基本窓口はプロバイダですので、回線事業者を知らなくても、「OCNの回線解除日」、「Biglobeの工事日」ってな感じで考えて大丈夫です。

・NTTフレッツADSLを利用している場合

NTT フレッツADSLを利用している場合、プロバイダと回線事業者が全く別契約となるため、プロバイダ側は基本、工事については何もわかりません。例えば、OCN + フレッツADSL から Biglobe + e-Accessに乗換えを行う場合、OCNに回線解除日を聞いても教えてくれません。必ず、NTTに回線解除日を確認し、Biglobeに伝えなくてはなりません。

・名義人の確認

ADSLの乗換えで、もう一つ重要なことが、NTTの回線名義人です。これはプロバイダの申込人とは違ってもかまいませんが、新しいADSLサービスの申し込みの際、必ず知っておく必要があります。
上記の例の場合、BiglobeにNTTの回線名義人を正確に伝える必要があります。もし名義人が違う場合、工事日が遅れる原因となり、タイムラグが発生する可能性が出てきてしまいます。
申し込みの際、NTT回線名義人は漢字も正確に伝えるようにしてください。
名義人が不明であれば、NTT 116番に電話すれば教えてくれますが、個人情報なので本人または名義人の家族でないと教えてくれません。


プロバイダ、回線乗り換えナビ へ戻る

DTI WiMAX2+ギガ放題プラン

【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ!44Mbps実現

おそらくauひかり対応プロバイダで最も高額なキャッシュバック

WiMAX2+、WiMAXとLTEを併用で高速回線を実現